テニスのグリップの握り方!図や写真でわかりやすく!


テニスを始めたばかりの人は、まずグリップの握り方から入るかもしれませんね。

テニスのグリップには、コンチネンタル、イースタンなどという呼ばれ方の握り方があります。
初めての方には???でしょうね。

私が始めたころは、一球一球握り方を変えるなんてできるの?!と思いましたが、慣れると勝手にやっているものです。
テニススクールでもなかなかちゃんと握り方の種類を教えてくれるところは少ないのではないでしょうか?

ということで、テニスのグリップの握り方を図解や写真でわかりやすく、また握り方によって打ち方がどう違ってくるのかなどをお話ししていきます!


スポンサーリンク



テニスのグリップの握り方の種類

まずは、握り方にはどんなものがあるのかを知っておきましょう。

  • コンチネンタルグリップ

  • イースタングリップ

  • セミウエスタングリップ

  • ウエスタングリップ

  • この4つのグリップがフォア側とバック側にそれぞれあります。

    では、ひとつずつみていきましょう。

    グリップの握り方

    グリップの握り方を説明する際、今回は手の親指と人差し指の間グリップのどの部分に来るかで説明します。

    言葉だけではわかりづらいので、図で説明しますね。

    親指と人差指の間

    手
    この矢印のところが、グリップの

    ク繧刄潟bフ繧嘯Q
    上の写真の数字の部分のどこに来るかで説明します。
    おわかりいただけましたか?
    では、ひとつずつみていきましょう。

    コンチネンタルグリップ

    コンチネンタルグリップは、手のV字が1のところに来る持ち方です。
    (1と4の間の角にくるという説もあります。)

    持ち方のコツとして、「ハンマーや包丁を持つような握り方」と言われますね。


    コンチネンタルグリップは万能なグリップです。
    私は、フォアハンド以外は全部コンチネンタルです。

    サーブ、ボレー、両手バックハンド
    フォアハンドストロークでコンチネンタルグリップを使うと打点が後ろの方になって、力が入らないので使わないですね。

    イースタングリップ

    イースタングリップは、V字が1と2の間に来る持ち方で、握手をするような持ち方ですね。

    バックハンドイースタンV字が4と1の間に来ます。

    セミウエスタングリップ

    セミウエスタングリップは、イースタンとウエスタンの間で、V字が2に来る持ち方です。


    バックのセミウエスタンは4ですね。

    私はこのグリップは使用しませんが、スピンを打つ方が使用するグリップです。

    ウエスタングリップ

    ウエスタングリップは、V字が2と3の間に来る持ち方です。


    このグリップは、スピンを強くかける人が使いますね。

    もっと厚い握り方・フルウエスタン

    フルウエスタンはすごく厚い握り方で、スピンをたくさんかける人が使います。
    Vの字は3のところに来ます。


    ラケットを地面に置いて、上から握る持ち方、と言われます。


    グリップの握り方は理解できましたか?
    では、握り方によって打ち方がどう変わるのか少しお話ししていきましょう。

    握り方による打ち方の変化

    ここでは、握り方による変化がわかりやすいフォアハンドストロークで説明していきますね。

    まずこの写真をご覧ください。

    フォア
    これは私がフォアを売っているところです。
    赤い線が書いてありますが、これはグリップによる打点の違いです。(フラットを打つ場合)

    1. コンチネンタルグリップ

    2. イースタングリップ

    3. セミウエスタングリップ

    4. ウエスタングリップ

    になります。

    要は、グリップが厚くなるにつれて、打点は前へ、上へ変わっていきます。
    前になるほどパワーのある打球になりますし、上になるほど攻撃的になります。

    テニスコーチをやっていたころは、攻撃するのではなく、繋げることが大切ですので、コンチネンタルで打っていましたね。


    スポンサーリンク



    硬式テニスはグリップの持ち方にも気をつけることがあります。

    硬式テニスのグリップの握り方

    硬式テニスは人差し指と中指の間に少し隙間があくように握ります。

    握り方
    ハンマーを握るように握ってはいけないんですね。
    一見、力が入らないように見えますが、きちんとした握り方の方がコントロールしたり、うまく力を抜けたりするんです。
    詳しくは別の記事で書こうと思います。

    余談ですが、プロのテニス選手はこうやって握っているらしいですよ。

    フ繧噬壕ャり方
    ◯の部分がだいぶ出てますね。
    ラケットを長く持っているんですね。

    私もこの握り方をしてみましたが、少しの力でよりパワーのあるボールが打てました。




    いかがでしたか?
    グリップの握り方や種類はおわかりいただけたでしょうか?

    教え方によっては、人差し指の付け根がどこに来るのかで教える人もいると思いますが、その場合でも、今回使用したV字の部分はお話ししたところに来るはずです。

    初級の方は、フォアだけイースタンかセミウエスタンで、その他はコンチネンタルで始めることをおすすめします。

    いろいろ打ってみて、自分に合うグリップを見つけてくださいね。

    スポンサーリンク

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ