サンタさんからの手紙を英文で!例文とアイデア付き!


最近のクリスマスは、プレゼントの渡し方から演出までママさん・パパさんがいろいろ工夫する家庭が多くなりましたね。

プレゼントの渡し方については、クリスマスプレゼントの渡し方!子供が喜ぶ方法♪で書きました。

私は小さい頃、クリスマスのたびにがっかりしていたので、自分の子供には夢を与えてあげたいんですよね。
なので、信じる年までは毎年楽しみたいと思います!

ということで、今回は、サンタさんからの手紙を英語で書きたい!というお母さんも多いので、英語での例文や、演出のアイデアなども書いていこうと思います!


スポンサーリンク



英語での例文

では、誰でも使える、スタンダードな例文をご紹介していきます。

まずは、サンタさんの挨拶は、Ho! Ho! Ho!というそうですので、書き出しは、

Ho! Ho! Ho!Dear○○(お子さんの名前)

でいいと思います。

では、超シンプルなものから。

「あなたが良い子でいたからプレゼントを持ってきたよ。
大切にしてね。」
      ↓
「Because you were a good child, I brought what you would like to have.
Please take care of it.」

お母さんの言うことを聞いてね
      ↓
Listen to your mom well.

これだけでもいいですが、本当に自分宛に書いてくれたのか疑うかもしれませんね。
これに、子供さんが一年間頑張ったことなど、他の人は知らないことを書くといいと思いますよ!

その子ががんばったことやできるようになったことをを褒める


〇〇ができるようになったね。
      ↓
You came to be able to 〇〇

〇〇をとてもがんばりましたね
      ↓
You tried 〇〇 hard very much

この〇〇に入れる英語を和英したい場合は

http://translate.weblio.jp/

こちらのサイトや、

http://www.excite.co.jp/world/english/

こちらのサイトがおすすめです。


書き終わりは

Merry Christmas and Happy New Year! From your Santa Claus
(メリークリスマス!そしてよいお年を! サンタクロースより)

で締めるといいでしょう。


これまでの例を参考にして、私だったらこう書く!という例文を載せておきますね。

Ho! Ho! Ho!Dear○○

Because you were a good child, I brought what you would like to have.
Please take care of it.
You tried an exercise of the tennis hard very much
Listen to your mom well.

Merry Christmas and Happy New Year!

From your Santa Claus

訳:〇〇くんへ

あなたがいい子にしてたからプレゼントを持ってきたよ。
大切にしてね。
あなたはテニスの練習をがんばりましたね
お母さんの言うことを聞くんだよ。

メリークリスマス!よいお年を!

サンタより
こんな感じでしょうか?

では、次は自筆で書くか?印刷するか?です。

スポンサーリンク



自筆か印刷か

自筆で書く場合は、できれば筆記体で書きたいものです。

わかりやすい筆記体の練習方法や、書き方を説明してくれる動画があったので、載せておきますね。



筆記体が書けない場合は、お子さんの年齢によっては普通の字でもいいと思います。

もし、疑われそうな場合は、便箋に印刷してしまってもいいと思いますよ。
サンタさんは忙しいから・・・とか言って(笑)


日本語で手紙を書くときの工夫

英語では書けないから、日本語で書きたい・・・でも怪しまれるかな・・・?と心配している方に提案です!
日本語で書く場合、
左手で書いてみたらいかがでしょうか?

サンタさんは日本語が上手じゃないけど、がんばって日本語で書いてくれたのよ!!とか言って。




いかがでしたか?
うまくサンタさんからの手紙を代筆できそうですか?

あまり長すぎると、自分でなんて書いたか忘れてしまって、「なんて書いてあるの?」って聞かれたときに答えられなくなってしまうのでご注意を(笑)

子供とクリスマスを楽しめるのも少しの間だけ・・・
思いっきり楽しんで、いい思い出を作ってくださいね!

スポンサーリンク

One Response to “サンタさんからの手紙を英文で!例文とアイデア付き!”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ